忍者ブログ

猫とレオパとの生活を送りつつ色々な事に挑んでいくブログ

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/22 ネネ]
[02/21 通りすがりの介護職員]
[02/15 あきちゃん]
[02/15 あきちゃん]
[02/15 あきちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヌートリア
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1994/03/10
職業:
学生
趣味:
音楽鑑賞・考古学
バーコード
ブログ内検索
訪問数
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

-ねぇ 愛するからこんなにも苦しいの?


って 鋭い言葉で君は 僕を突き刺し


ごめんね 解ってるから 用意された言葉で僕は 目を背けた


It notices in reality.


いつかこの恋が終わってしまうって 



どうしようもなく溢れ出した


想いは耐え切れず 僕を 


少しずつ壊して-







I'm sorry You May I love?


下らない感情 で暴走して?


それを止めるのは やっぱり君で


そんなやり取りの 後に来るのは 「自己嫌悪」


けれど こんな時に君の事 とても愛しく思うのは なんで だろう?


I am sorry to be not honest?

解ってると言いながら 何一つ理解できていなかった

幼過ぎる 僕の心  ひたすら隠して






-A beautiful virgin and a beautiful youth-


2人 話す為の 小さな穴で 交される 恋の言葉

Love becomes large gradually.

「家族」 なんて 関係無い 

さぁ 2人 白い桑の木の根元で 愛し合いましょう? 

奇麗なヴェール身に纏い 紡がれる「幸せな物語」

The lion covered with blood appeared.

ヴェール は引き裂かれ 赤い 血に染まっていた

けれど 彼女 の姿はどこにも無くて

僕は 短剣でこの胸貫い  て......

The white mulberry which blood permeates!




英語部分については、一番上から、

本当は気付いていたんだ


ごめんね、君の事を好きで良い?

素直になれなくてごめんね?


美しき処女と美しき青年

愛は次第に大きくなって

血を纏った獅子が現れる

白い桑の木に血が染み込んでいく!

となりまs なんか間違ってるかもしれませんが.....

文章全てにおいて未完です。

最後の物は、ロミオとジュリエットの原作とされている物語を弄っていますよ、っと では失礼しますっ

拍手

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL